新任理事あいさつ


石坂留美(魚津市地域包括支援センター)

今年度から理事を努めさせていただくことになりました、魚津市地域包括支援センターの石坂留美と申します。国家資格を取得してから随分と年月が経ち、その間に様々な制度が変わり、社会福祉士の求められる業務が随分と広く専門的になってきています。

今年度の総会時にワールドカフェが行われ、「社会福祉士はどんな仕事をする人か」ということに「なかなか説明しづらいし、理解してもらいづらい」との意見が多く出されていました。自分自身も何年経っても「社会福祉士とは」を説明できないもどかしさがあります。講師の高木先生から「社会福祉士の専門性には“つなぐ、ささえる、まもる”に加えて“つくる、かえる”の視点も大切」との講義がありました。社会福祉士はそれぞれの所属職場で、同じ業務をしている人数は多くはありません。富山県社会福祉士会が会員にとって“つなぐ、ささえる、まもる、つくる、かえる”の視点のある会となれるよう、努めていきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。


岩崎久憲(婦中東地域包括支援センター)

このたび理事に就任させて頂きました岩﨑久憲と申します。地域包括支援センターの社会福祉士として勤務し、気づけばもう10年以上たちました。社会福祉士という仕事が自分に合っていたのか、周囲のみなさんの支えのおかげもあり、いつの間にか時が過ぎてしまった感じです。県士会と自分の関わりは、実習指導者養成講習を受講したのが始まりでしょうか。職場で相談援助実習の学生を受け入れ関わる中で、自分で学生たちにしっかりと教えることができているのだろうか、との疑問を日々感じるようになりました。そこで、県士会に入会し、基礎研修Ⅰ~Ⅲ、成年後見人養成研修を受講。社会福祉士の原点に立ち返り、学びと気づきの機会を得ることができました。みなさんと出会い、共に学びを深められることに感謝しています。今後、会では生涯研修担当として、微力ながらでもお役に立てればと考えています。若輩者ですがどうかよろしくお願いいたします。


北滝めぐみ((福)恵風会 あざみ園)

私が社会福祉士の資格を取り、会に入会したのは2006年。大学では教員養成の学部に在籍していたのですが、縁あって現在も勤務する社会福祉法人に勤めるようになりました。障害のある方たちの支援を仕事とする中で、自分の専門性のなさを補うべく勉強を始めたわけです。会では2007年に「倫理綱領伝達研修」、2011年に「新基礎研修リーダー養成研修」に参加させていただき、継続して基礎研修の倫理綱領部分を担当してきました。これまでは「自分自身の力量UP」のために研修を受けてきましたが、これからは「会員のソーシャルワーカーとしての資質の向上」を考えていく立場となります。根津会長が改めて掲げておられる、社士会設立時の「明るい、さわやかな、実力を持った、柔軟で民主的な専門職集団を結成したい」という願いの実現に向けて、力不足ながらもお役に立ちたいと思っています。ご助言、叱咤激励など、どうぞよろしくお願いいたします。


中山光明((医社)桑山会 長寿苑)

昨今、少子高齢化と言われ久しくなります。私は、介護老人保健施設長寿苑の支援相談員として日々勤務し40歳以上の要介護状態にある方々を支援しています。また、富山県で平成20年より始められたスクールソーシャルワーカーとして小中学校の児童生徒と関わり、2足の草鞋で日々奮闘しています。支援の対象者は日々変わりますが、ソーシャルワークの視点で考えると環境や本人に働き掛け対象者が少しでも『自分の力で元気になる支援』ができればと考えています。

最近のケースを通して実感するのは、高齢者2人暮らしや、単独世帯、母子、父子世帯が対象者として増加している事です。個別に悩み、誰にも相談できず一人で頑張っている又、この制度を利用すれば解決に向かうかもしれないという事があるのに気が付かない等、以前だと家族、親戚等世代を超えて相談していたことが、家族という世代感が崩壊し、相談、協力の仕方が分からないという弊害が多々ある様にも感じます。

下は7歳から104歳まで関わり、「子供から高齢者まで」をモットーに、会員の皆様とソーシャルワークに微力ながら邁進していきたいと思っています。これからもよろしくお願いします。