社会福祉士とは?

2007年11月28日に「社会福祉士及び介護福祉士法等の一部を改正する法律」が成立しました。「社会福祉士」とは、「社会福祉士及び介護福祉士法」第28条の登録を受け、社会福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもつて、身体上若しくは精神上の障害があること又は環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導、福祉サービスを提供する者又は医師その他の保健医療サービスを提供する者その他の関係者(「福祉サービス関係者等」)との連絡及び調整その他の援助を行うこと(「相談援助」)を業とする者をいいます。

資料:福島県社会福祉協議会提供

社会福祉士国家試験の受験者数等の推移

社会福祉士国家試験の受験者数・合格者数・合格率は、こんなふうになってます。だいたい、4万5千人前後の人が毎年受験して、1万2~3千人が合格している状況ですね。

入会のご案内

 2012年4月1日より日本社会福祉士会は連合体体制となり、日本社会福祉士会の正会員は社会福祉士(個人)ではなく、都道府県社会福祉士会(法人)に変わりました。その結果、富山県社会福祉士会に入会・所属することにより、日本社会福祉士会の諸事業に参加活用できることとなります。

会員管理に関しては、現在日本社会福祉士会との間で事務委託契約を交わしており、当面の間、日本社会福祉士会にて管理することとなっています。

その事務委託期間中の入会手順は下記のとおりです。

 

■入会手順

  1. 富山県社会福祉士会事務局宛に、住所、氏名をご記入の上、件名に『入会申込書希望』と書いて、メールをお送り下さい。
  2. 富山県社会福祉士会から入会書類をお送りしますので、必要事項を記入し、添付書類と一緒に日本社会福祉士会事務局へお送り下さい。
  3. 「会員のしおり」「生涯研修手帳」「会員証」等が送られます。
  4. 入会金・年会費が引き落とされます。

その他、入会金、年会費等の詳細情報は、日本社会福祉士会のページをご覧ください。

富山県社会福祉士会は、入会金5,000円、年会費14,000円です。

 

富山県社会福祉士会では、会員向けの会報「ぶりおこし」を年4回発行し、会員の皆様に旬な情報をお伝えしています。

 

社会福祉士会への入会状況

富山県の場合、社会福祉士会への入会率は、29.63%と、全国平均の23.78%に比べて高いのですが、対人口比率では1.4‰と全国平均とほぼ一致しています。つまり、国家試験に合格すると、全国平均レベルよりは多くの入会者がいますが、対人口比率としては、全国平均レベルということになり、社会福祉士としての存在アピール度合いが低いといえるかもしれませんね。富山県の福祉をよくするために、皆さん、切磋琢磨して勉強していきましょう!