現在、富山県社会福祉士会で認証された研修は、成年後見人養成研修(委託)のみです。

その他、実施されている研修は、日本社会福祉士会の研修リストをご覧下さい。

2016年度成年後見人養成研修

成年後見人養成(委託集合研修)(以下、「委託集合研修」)は、日本社会福祉士会の委託によって実施され る研修です。修了者は権利擁護センターぱあとなあ成年後見人候補者名簿に登録することになります(※別途 名簿登録料が必要です)。

 

1.【研修目的】

研修目的 社会福祉士の成年後見人候補者として必要な知識・技術等の習得を図り、権利擁護センター ぱあとなあ後見人候補者名簿に登録し、受任できる者を養成する。

 

2.【日 時】

1日目 2016年  7月 9日(土) 9時~17時 富山県総合情報センター

 事前課題1:2016/7/2提出締切(富山県社会福祉士会事務局まで郵送)

2日目 2016年  8月 6日(土) 9時~17時 富山県総合情報センター

 事前課題2:「ぱあとなあにおける相談演習」

3日目 2016年  9月 3日(土) 9時~17時 富山福祉短期大学

4日目 2016年 10月16日(日) 9時~17時 富山福祉短期大学

5日目 2016年 11月 5日(土) 9時~17時 富山福祉短期大学

 

3.【会場】

富山県総合情報センター(所在地 〒930‐0866 富山市高田527 )

富山福祉短期大学(所在地 〒939‐0341 富山県射水市三ヶ579 )

 

4.カリキュラム(予定) 別紙参照

 (1)講義・演習等:5日間(30時間)

 (2)事前課題:指定する7科目は「事前課題」を提出して頂きます。

    課題については、その都度ご案内します。

 

5.受講要件 次の要件のすべてを満たす者

(1)日本社会福祉士会の正会員である都道府県社会福祉士会に所属する社会福祉士 (2)研修修了後権利擁護センターぱあとなあに名簿登録し、受任できる者

(3)都道府県の会長が成年後見活動に資すると認める者

(4)カリキュラムの全課程を出席できる者

(5)日本社会福祉士会の基礎研修Ⅰを受講済みである者、もしくは2011年度までの旧基礎研修を受講済である者

 

※2017年度からは「新基礎研修Ⅰ~Ⅲを修了者」、もしくは「旧基礎研修修了+旧生涯研修共通研修課程修了が1回以上の者」が受講要件となりま すのでご注意ください。

 

(6)年会費の滞納のない者

(7)ぱあとなあが主催する定例会や学習会、フォローアップ研修等に参加できる者。

 

詳細は、募集要項をご覧ください。

 

ダウンロード
2016事前課題1
ぱあとなあ事前課題1.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 143.4 KB
ダウンロード
2016事前課題2
2016演習1ワークシート1【受講者用】(事前課題).xls.xlsx
Microsoft Excelシート 50.2 KB
ダウンロード
2016事前課題3
2016家族法の基礎 事前課題解答欄.docx
Microsoftワード文書 53.9 KB

ダウンロード
最終日の課題
★演習3 【受講者・スタッフ用】※事例シートは4-13,14と共通.xlsx
Microsoft Excelシート 184.2 KB
ダウンロード
最終日の課題
15,16 演習2 ワークシート1,2【受講者用】(4-15は事前課題).xls
Microsoft Excelシート 21.0 KB

 

 

 

課題は、これで全部です。


募集要項

ダウンロード
2016年度成年後見人養成研修開催要項
成年後見人養成研修開催要項&標準カリキュラム.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 340.9 KB
ダウンロード
2016年度成年後見人養成研修受講申込書
⑥2016 成年後見人養成研修受講申込書.doc
Microsoftワード文書 43.5 KB

成年後見人養成研修で使う書籍です。皆さん、予習しましょうね!?